Joseph Caron Incorporated
Tel: (1) 778 989 8585
Email: jci@josephcaroninc.com
連絡先

略歴

Joseph Caron

オンタリオ州ウィンザー出身。1970年にオタワ大学人文学部を優等で卒業。

1972年にカナダ外務・国際貿易省入省、カナダ・トレード・コミッショナー・サービスに配属。サイゴンとアンカラ勤務を経て1975年に日本語を学び始める。外交人生において日本には計3度赴任。

1980年代は対日本、中国、香港、韓国および台湾の専門家として民間へ活動の場を移す。1984年から1987年までブリティッシュ・コロンビア州林産業審議会アジア担当マネジャーとして東京に駐在。また短期間ではあるが、Potash Corporation of Saskatchewanの南アジア/東南アジア地域担当でもあった。

カナダ政府復帰後は、アジアをはじめとする国際経済関連の役職を歴任。トルドー政権下では枢密院外務軍事事務局に名を連ねた。長年に渡ってG8サミットにも深く関与し、計8回の経済サミットに参加している。

1998年にアジア太平洋担当副大臣補佐に就任。アジア太平洋経済協力(APEC)を担当し、APECのカナダ側政府高官として、カナダ首相の出席一切の手配を指揮した。  

2001年-2005年: 在中カナダ大使。北朝鮮とモンゴルの大使を兼務。

2005年-2008年: 駐日カナダ大使。 

2008年: 日加関係への貢献が認められ、明治学院大学から名誉博士号を受賞。

2008年8月: 高等弁務官としてインドに赴任、ネパールとブータン王国への大使を兼務。2年間のインド滞在を経て2010年夏に40年近くに及んだ外交官生活に別れを告げる。

2010年秋: Manulife Financial の取締役および人財管理・報酬委員と支配委員会就任。Manulife社はカナダ有数の保険/資産管理企業であり、米国 (John Hancock Insurance)、中国、その他アジア各国で幅広く事業展開中。日本で、Manulife/マニュライフ生命はもう15年以上活躍しています。

さらにVancouver International Airportの取り締まる役に努めています。それで金融会計委員会の会員です。

カナダ・アジア太平洋基金のDistinguished Fellow。ブリティッシュ・コロンビア州立大学アジア研究所名誉研究員。

BC州バンクーバーにJoseph Caron Incorporated(JCI)を設立。